ブリッジグループの強みとは

  • 20年以上にわたった確かなメソッドで信頼とご紹介実績を築いてまいりました。
  • 企業が求めている最良の人材を 迅速な対応でご紹介いたします。
  • クライアント企業の業務とニーズを深く理解し、社風にマッチした最適な人材をご紹介いたします。
  • 幅広い独自のネットワークでクライアント企業のニーズに合った候補者の方を発掘いたします。
  • 候補者の方と直接お会いして面接を行い、その情報に基づき客観的な候補者の評価をご提供します。
  • 候補者の方のご自身では気付かなかった強みや活躍の場を発見するお手伝いをします。
  • プロフェッショナルなアドバイザーとして、採用業務を支援いたします。
  • 信頼されるパートナーとなり、良い関係を継続できるようアフターケアサービスも含めて常にクラインと企業とご紹介した候補者と連携いたします。

ブリッジグループを選ぶ理由とは

ブリッジグループは非常にユニークな候補者との面談のプロセスを採用しています。候補者の方が弊社に初めて面談の為に来社した際、その候補者を担当する事となる一人のコンサルタントとだけ会うのではなく、弊社にてそれぞれクライアントを担当している他のコンサルタントとも話す機会を設けています。それぞれのコンサルタントが直接その候補者と面談をし、自分の担当するクライアントのポジションや企業カルチャーに合うかを直接判断する為です。このプロセスは、コンサルタントの時間を取る為、他の多くのリクルーティング会社では行われていません。しかしながら、ブリッジグループは、この面談方式は候補者とクライアントの双方にとってよい結果をもたらすと考えています。

人の価値は経歴書一枚だけでは判断できませんし、企業とは単に仕事する為の場所ではありません。採用を決定するにあたり、企業、候補者双方のカルチャーマッチはとても重要な事です。このカルチャーマッチは候補者と企業の双方に直接会って実感できるものであるとブリッジグループは考えています。レジメの審査では却下となった候補者でも、ブリッジグループのコンサルタントが直接会い感じたその候補者の良さをクライアント企業に伝えた事で面接の機会を頂き、最終的には採用となったケースを多く経験しております。また逆のケースでは、候補者がある特定の企業のネガティブな評判を聞き応募をためらっていた場合、その担当企業を何度も訪問したコンサルタンが、自分で感じた企業の良さをじっくりと話し、勧めた結果、応募する事繋がった事例も多々あります。両方のケースとも、ブリッジグループのコンサルタントが候補者とクライアン企業への深い理解を持つ事、また深い信頼関係を築く事によりなし得る事であると自負しております。
Two Men in Boardroom